看護ケアのストレスを乗り切るには

女の子が憧れる職業として、看護師はよく挙げられます。入院したことがきっかけで、頼れるやさしい看護師さんになりたいと志すエピソードは珍しくありません。しかし、実際仕事に就いてみるとそう甘い世界ではありません。身体介助をはじめ、夜勤や救急対応などに追われ、体力的に辛くなることや、患者やその家族の対応をはじめ、病状や生死に関わることで精神的に辛くなることも日常茶飯事です。医療現場では、細心の注意を払わなければならない場面が多く、心身共にハードな職業だといえます。

こうした厳しい環境を乗り越えるために、大切なのが同僚や先輩に相談したりすること。悩んでいるのは自分だけではないと気付くだけでも、気が楽になるはずです。また、尊敬できる女性がいるのも励みになります。それは、先輩や上司の時もあれば、学生時代の先生や、有名な憧れの人、歴史的人物であるかもしれません。「あの人ならこんな時どうするだろうか」ということを考えてみると、おのずと悩みが解決していくこともあります。一番自分がなりたい素質を持った、お手本になる素敵な女性を探してみるといいでしょう。

その他、職場外の研修や勉強会へ参加することもおすすめです。看護師だけでなく、医療分野で活躍している経験豊かな講師たちの話を聞くことで現状で困っていることの解決策が出てきたり、「今度はこうしてみよう」「次はあのことにチャレンジしよう」と、前向きに考えられるようになります。このように、自分から学びを得ようとすることも大切です。新しい価値観を取り入れて仕事のモチベーションを上げていくことは、自分磨きやキャリアアップをしっかり後押ししてくれます。